出産費資金貸付制度

「出産費資金貸付制度」とは、出産に要する費用が必要な場合に、出産育児一時金等が支給されるまでの当座の支払に充てるための資金の一部を、無利子で貸し付ける制度です。

1.対象者

共同印刷健康保険組合の被保険者または被扶養者で、出産育児一時金または家族出産育児一時金の支給が見込まれる人のうち、次のいずれかに該当する人です。

  1. 出産予定日まで1ヵ月以内の人
  2. 妊娠4ヵ月(85日)以上で、病院・産院等に一時的な支払いを要する人

「直接支払制度」もしくは「受取代理制度」を利用する場合は、貸付制度を利用することはできません。

2.貸付額

貸付金は無利子で、1万円単位で出産育児一時金等支給見込額の8割相当額を限度として受けられます。

ただし、1.の②に該当する人については、出産育児一時金等支給見込額の8割相当額以内で医療機関から請求されている額までとなります。

3.貸付額

「出産費資金貸付申込書」に必要事項を記入し、次の書類を添付のうえ、提出してください。

  1. 「出産費資金借用証書」
  2. 「健康保険被保険者証」(実際に出産する方の分)の写し
  3. 「出産育児一時金申請書」(出産後に提出、差額支給のため)
  4. 「母子健康手帳」(「表紙」・「妊娠経過」・「母の氏名および出産予定日の確認できるページ」)の写し
    (または出産予定日または妊娠4ヵ月(85日)以上であることが確認できる書類)
  5. 医療機関が発行した「出産費用の請求書等」(出産予定日まで1ヵ月以内の場合は不要です。)

4.返済方法

出産後「出産育児一時金請求書」に必要となる書類を添えて提出することにより、貸付額と相殺した額が支給され返済完了となります。

申請書類はこちら
書類提出上の注意

記入見本で指定した用紙サイズでプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は健保に直接ではなく、勤務先の健保担当者に提出してください。

任意継続被保険者の方は、健保に直接提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。