柔道整復(接骨院等)を受けるとき

接骨院等で治療(施術)を受けるとき、「健康保険」が使える場合と使えない場合が定められています。

また、柔道整復師は医師ではないので、薬を投与したり、外科手術やレントゲン検査などをすることもできません。

接骨院等にかかる場合は、下記のことに注意して受診しましょう。

健康保険が使える場合

健康保険が使える場合は、外傷性が明らかな傷病で、次の2つのケースに限られます。

ただし、業務上や通勤途上での災害の場合は対象外です。

  1. 捻挫・打撲・挫傷(肉離れなど)
  2. 骨折(不全骨折)・脱臼

    応急処置の場合を除き、医師の合意が必要です(この場合は労災となります)。

健康保険が使えない場合

次のような場合は、健康保険の対象となりません。全額自己負担になります。

  1. 日常生活からくる疲労や肩こり・体調不良など
  2. スポーツによる筋肉疲労など、慰安目的のあんま・マッサージ代わりの利用
  3. 病気(神経痛・リュウマチ・五十肩・関節炎・椎間板ヘルニアなど)による痛みや凝り
  4. 脳疾患後遺症などの慢性病
  5. 症状の改善がみられない長期(3ヵ月)の施術
  6. 単なるマッサージなど
  7. 第三者行為による負傷、過去の交通事故等による後遺症

柔道整復師にかかるときの注意点

  • 負傷原因を正確に伝える。
  • 「療養費支給申請書」の負傷原因、負傷名、日数、金額をよく確認し、必ず自分で署名または捺印する。

治療費は、通常患者が柔道整復師に「受領委任」をすることで、「療養費支給申請書」により健保組合へ請求され、健保組合から直接、接骨院等へ支払う仕組みになっています。

  • 病院との重複受診や、「ついでに他の部分も」といった安易な受診は避ける。
  • 領収書を必ずもらう。

カレンダーや家計簿等に受診日を記録しておき、後日健保組合から配布される医療費通知で確認しましょう。

  • 施術が長期(3ヵ月)にわたる場合は、内科的要因も考えられるので、医師の診断を受ける。
【はり、きゅう、マッサージの場合】
はり、きゅうの場合
医師がはり・きゅうは神経痛・リュウマチなどの慢性病を対象とする治療の必要を認めた場合に限り、健康保険を使うことができます。
あんま・マッサージを受けた場合
イラストあんま・マッサージは筋マヒや関節拘縮などで医療上マッサージを必要とする症例(脳出血などによる片麻痺、骨折のリハビリなどを含む)に限り、医師の同意書の交付を受けて、健康保険を使うことができます。単なる肩こり、腰痛などのような症状で受療した場合には、健康保険で受けられず、自費診療となります。
療養費払いの注意
はり、きゅう、あんま・マッサージを受けた場合は、療養費払いとなります。柔道整復師のような受領委任払いはできません。施術時にいったん全額支払い、後日、健康保険組合に療養費支給の申請をしてください。(詳細は、健保へお問い合わせください)
適正受診のすすめ
負傷原因や治療内容などについて、健保組合からお尋ねする場合があります。

医療費は皆様と会社から毎月納めていただいている大切な保険料から支払われています。当健保組合では皆様の保険料を無駄にしないよう、柔道整復師からの不当請求の防止と、医療費の適正化に取り組んでいます。このため受診回数が多い方や、治療が長期にわたっている方については、負傷原因、施術部位、回数などの照会をさせていただく場合がございますのでご協力をお願いいたします。